読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春分

今年3月20日は春分

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/2017/rekiyou172.html

■今週の天気 中頃から桜開花の便りも

(日本気象協会 - 03月19日 18:42)

君の夢は僕の夢

 ファイターパイロットを目指す長男、システムエンジニアを目指す次男

 君達が夢を叶えることを最大限バックアップするのが父の役目だ。

 今日も長男坊と筋トレとジョグをして勉強をさせる。

 次男坊?う〜ん取り敢えず勉強しなさい!(笑)

 

子どもに就いてほしい職業は?

らの道

 もうすぐ3月も終わる・・・満10年 11年目の仕事がスタートしようとしてる 変わらずユルユルやって来たが・・・とりあえずまだ変われない・・・みたいな 

さて本題

今 らの道MAX というイベントが各地でやってる

これは各地方の人気店がコラボしたラーメンを提供する

という いわばその日しか食べれない貴重なイベント

先週 西淀川にて頂いた際は食べるまでに2時間ちょい要した 昔USJスパイダーマン並んだのと同じくらいです  

で 今日 阿波座で大阪編第三弾 阿波座の人気店葛と奈良の人気店みつ葉のコラボ

先週同様10時20分頃到着

diary_photo src=1

何やこれ・・・こんな行列初めて!因みにお店は緑の看板の下に見える白い□の辺りです

とりあえず並ぶしかない ポケモンしながら並ぶこと2時間 やっとこさ店員に呼ばれ 食券購入 と同時に渡されるこれ

diary_photo src=2

整理券 しかも14時とか!結局時間も押して食べれたのは14時半頃 やっとこさ出てきた一杯

diary_photo src=3

美味かった が 先週の程の衝撃さはないか・・・疲れすぎて味があまりわからんかったかな?

まあ 4時間はやり過ぎやったか(^_^;) こんだけあったら他の美味いラーメン屋も2 3軒回れたな・・・

もはやラーメンもテーマパーク化してきてる と感じる今日この頃でした

小山明子さんと山内静夫さんと一緒にチャコちゃんのコンサートへ

昨日は鎌倉・腰越の「きよこ」で、妹分のチャコちゃんことフルート奏者の吉川久子さんのコンサート。まず小津安二郎の映画プロデューサーだった山内静夫さんの鎌倉の自宅に寄って、山内さんと一緒にタクシーで会場へ向かった。チャコちゃんのお母さんによるつるし雛とのコラボは毎年恒例なのである。

「うれしい雛祭り」、「春が来た」、「浜辺の歌」、「さくらさくら」などの日本の歌を交えながら、チャコちゃんのオリジナルを挟んでいくという構成。アンコールは「蘇州夜曲」とチャコちゃんオリジナルの「道草」。暖かで繊細でしっとりとした情感のあるチャコちゃんの音楽を楽しんだ。

会場で打ち上げ。女優の小山明子さんも一緒でずっと話していた。小山さんとはこの日、結局、7時間ぐらいしゃべりっ放しだった。小山さんとぼくでチャコちゃんに今日のコンサートのダメ出しをした。この三人は大の仲良し三人組で、来月、鎌倉でチャコちゃんの誕生日を一緒に祝う打ち合わせをした。来月は三人でセルビアを旅行することになっているので、本当に楽しみ。

写真は後列左からチャコちゃん、ぼく、前列左から山内静夫さん、奥さんの愛子さん、小山明子さん。小山さんは松竹の女優だったので、プロデューサーだった山内静夫さんとは60年以上にわたる付き合いがあるのである。

まだまだあるトーハクの穴場

トーハクに来た人の多くは、特別展をやっている平成館と本館だけを見て帰ってしまうようです。もったいない。

東洋館は正面の広場に面しているので入る人もいると思いますが、法隆寺宝物館は表慶館の裏手というか、トーハクの門を入ってすぐに塀沿いに左に行ったところにあります。

途中に黒門があって、更にその奥に行くと水の向こうに近代的な外観の法隆寺宝物館が見えてきます。

ここの特徴は、展示室が暗いこと。

中にはたくさんの小さな仏像を中心とした展示があるんですが、その暗さと静かさは心が落ち着きます。

部屋の隅にはベンチもあるので、そこに腰かけて瞑想にふけるのもいいかも知れません。

ここはいつも人が少ないので、穴場と言えるでしょうね。

もうひとつ、穴場中の穴場。

門を入って今度は右側、トイレがあったりするんですが、更にその先。

東洋館のはずれのほうに、なぜか、種痘で有名なジェンナーの銅像があるんですよ。

得意の銅像ものまね記念写真。

ここでは一般客の姿を見ることがまずなくて、職員の方をときどき見かけるくらいだから、本当に穴場といえると思います。

喪服姿の女・・・

年を重ねて・・・

この年になると1年に数回葬式に参列するようになる・・・

若い頃には結婚式に1年に数回招待されていたのに・・・

今は葬式・・・

告別式・・・

そして今年ももう2回目の葬式・告別式・・・

68歳で料理の師匠がこの世を去られた・・・

がんである・・・

近年はほぼみんながんである・・・

72歳で亡くなった渡瀬恒彦もがんである・・・

元・妻はあの故・大原麗子である・・・

「少し愛して長く愛して」の大原麗子である・・・

美人女優でオレは大ファンでした・・・

そんな事はどうでもいいのですが・・・

葬式・告別式に参列させてもらうと・・・

いつも思うのですが・・・

超不謹慎なんですが・・・

喪服姿の女性にムラムラするオレ・・・

これはオレだけでしょうか?・・・

やっぱり変態・・・

この前の葬式・告別式の後・・・

我が家に帰るなり喪服姿のマリコにムラムラして・・・

ソファに押し倒して・・・

もう強姦状態・・・

黒い喪服は体をラインが・・・

腰のくびれたラインに我慢できずに・・・

無理矢理パンティを横にずらして挿入・・・

まだ準備が不十分なマリコの中がまた良い・・・

そのまま身勝手なセックスで自分だけ気持ちよくなって・・・

マリコの中、生で、射精・・・

ほとんで強姦・・・

葬式・告別師の後のオレの楽しみができました・・・

超不謹慎ですが・・・

燃えますよ・・・

あなたもどうですか?・・・

こちらの方がどうでもいいことでしたよね・・・

ではでは・・・

また・・・

春の海を求めて三浦散歩

2017年3月18日(土曜日) 12漕ぎ目 漕行距離30.0km 年トータル214.2km

久々の葉山。

海は穏やか。

午前北東、午後南西の風。

ならば南へ。

ちょっと出遅れで賑やかさに欠ける大浜からソロ漕ぎ。

富士山は白さが濃くなりましたが、

空気は冬の透明感は無く春っぽいです。

岸沿いで佐島へ

カモメかと思いきや、

コサギ

なんと警戒感が無い奴なんでしょう。

自分が黒い姿している事を分かってない?

ドンドン引きの水はなぜか凄く濁っていた!

新井浜で上陸。

先客がいましたが、あの緑色は多分・・・

帰りは沖出し。

オキアジロ!

そして亀城!

春の恵みを少しだけ戴いた

のんびり三浦散歩でした。