『AI時代に生き残る企業、淘汰される企業』宝島社

加谷珪一

多くの読者の方が、AI(人工知能)、シェアリング・エコノミー、IOT、フィンテックというキーワードを、すでに何度も耳にしていることだろう。

これら4つのテクノロジーは、今後の社会を大きく変える可能性を秘めており、識者の中には、産業革命以来のインパクトがもたらされると指摘する人もいる。

4つのテクノロジーを簡単に説明すると、AIは人工知能の略である。

シェアリング・エコノミーとは、インターネットを介して、個人間や企業間で余剰なモノやサービスのやり取りをすることである。

IOTは「モノのインターネット」という意味で、モノにインターネットを組み込み、相互通信を可能にすることで、遠隔操作や自動認識、自動制御を容易に行う仕組みのことだ。

そして、フィンテックはITを活用した金融サービスを指す。

これまでのところ4つのテクノロジーは、一部では具体的に普及しはじめているものの、あくまでキーワードとして消費されているだけであり、現実社会でどう役に立つのか具体的にイメージできる状況ではなかった。

AIの導入で仕事のほとんどがなくなってしまうといった、半ば冗談のような話として聞いていた人が多いはずだ。

ところが、2016年あたりからこの状況が大きく変わりはじめている。

スマホに料金決済機能を持たせて、クレジットカード代わりにするサービスはフィンテックの代表例だ。

シェアリング・エコノミーの分野では車の配車サービスを担うUberやフリーマーケットのアプリを運営しているメリカリなど、目立つ企業がいくつか出てきている。

具体的な製品やサービスの輪郭が見えはじめ、4つのテクノロジーが現実の企業社会に入り込む姿が具体的にイメージできるようになってきた。

私たちは、そろそろ、これら4つのテクノロジーに対する認識をあらため、ビジネスや投資における現実的なテーマとして受け止めていく必要がある。

2017年はもしかすると、新しい産業革命がスタートする年になるかもしれないのだ。

AIというと、高度な知性を持った人型ロボットが、人に代わって黙々と仕事をするイメージを持つ人も多いが、それはSF映画の観すぎである。

人工知能の現場への導入は、もっと地味に、そして表からは見えにくい形で進んでくる。

たとえば、営業活動の現場では、これまでも営業管理システムといったITシステムが使われていた。

ここにAIが導入されると、どうすれば営業成績が上がるのか、システムが教えてくれるようになる。

一見すると、従来と同様、情報システムを使って営業管理をしているようにしか見えず、大きな変化がないようにも思えてしまう。

だが実際には、同じ仕事をこなすために必要な社員の数は圧倒的に少なくなり、同時に、営業マンに求められるスキルも変化していくことになるだろう。

今年1月に実施されたタクシーの初乗り運賃の値下げが、実は、こうした新しい技術への布石だということも、多くの人は気付いていない。

IOTの分野は、4つのテクノロジーの中ではもっとも進みが早く、重電業界では、初期の開発競争はすでに終盤に差しかかっている。

同じ産業機器を製造しているメーカーであっても、IOTに対応したところと、そうでないところとでは、収益構造は大きく変わる。

かつて飛行機が空を飛んだ時には、誰もがそのインパクトに驚愕したはずである。

だが、新しいテクノロジーは水面下で進化し、表面にはなかなか姿を現さない。

4つのテクノロジーは、見えないところで、着々と企業の姿を変えているのだ。

一つの産業(業界)が興る時には、関連するいくつもの産業が淘汰される。

たとえば、自動運転が普及すれば、タクシー業界は淘汰されるかもしれないし、同時にトラック業界、バス業界も様変わりする。

また、衝突しない自動運転になれば、修理工場はなくなり、自動車保険業界も淘汰される。

もっというなら、車を所有するという概念まで変わってくるので、自動車産業Googleやアップルの下請けになってしまうかもしれない。

日本では、東京でしか乗ることができないUberも他の多くの国では乗ることができる。

外国に行ったとき、Googlemapの地図上で、目的地を検索(一部日本語で検索もできる)しそこを目的地とすると、そのすぐ横にUberを呼べるアプリが連動して出てくる。

目的地までの時間や料金が表示され、しかも決済はあらかじめ登録したクレジットカードで支払うので、チップも現金のやりとりもない。

「2017年は、新しい産業革命がスタートする年になるかもしれない」

人類にとって大きな変革の年に遭遇したことを、ワクワクしながら楽しみたい。