読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/20 aofvmossn

 パンに使うミントが足りなくて作れないらしいのでミント小僧を引き連れて急いでそちらの方へ向かうもその前からあったミントというものは昔ミント小僧がプライベートで大量に渡したものだったので感心する夢を見た。ミント小僧のプライベートということはこれを仕事でやってるということか、児童労働じゃん、危ない! 昔本物志向のミントティーを買って飲んでみたらミントって単体で使うとこんなにエグい味になるまで抽出できるんだなと感心したのでそのまま捨てた記憶があるな。旅番組とかでよく見るじゃないですか、アラブのホテルで本物のミントしか使ってないお茶が出てくるシーンを。あれに憧れてたんだ。憧れのままにしといたら良かったね。

 今日は歯医者なので、今日は歯医者か〜と思いながら真顔になっていた。真顔になれば時間が過ぎ去るというわけでもないがとにかくそうするしか時間の過ごし方を知らないのでそうしていた。プレッシャーは徐々に抜けてきたように思えるんだけど、プレッシャーに対する正解の反応というものが未だに分かっていないため、単純に無になることですべてを解決しようとしている。そしてその行動はすべて失敗している。カウントダウンとかやり始めたら終わりだよね、やったけど、特に一時間前からは本当に酷くて、一時間前か、あああと五十分か、などとやっていたので気分はもちろん最悪だったがだいたいその残り五十分ぐらいのタイミングで、ためになる動画を見ればいいということに気付き、そうだそうだと見に行った。二本見たらもう時間だったな。それにしても、歯医者に加えてまんが雑誌も取りに行かねばならんのに天気が酷すぎる。一向に回復する気配がいない。おれは決死の行動を求められている。

 結果としては土砂降りの中歯医者へ行くことになったし、歯医者の中での出来事は割愛、どうせつらいからね、それで歯医者終わって、まだ止んでない雨を全身で浴びながら、そして治療後時間がそれほど経過していない患部を守りながら歯医者に行き、予約してあった商品を購入した。そしてもちろん前回購入したミラクに入れ忘れられていた付録も受け取った、はずだった。ところがこれですよねと言って出されたものはまさに先月号の付録であった。また振り出しだよ、どうしてくれるんだ。しかも、先月号のものだと説明するために、店員に萌え系着せ替えブックカバーを持たせたまま、ここを見てください先月号の表記ですよね、えっどこですか、ここですここです、この間にもずっと衆人の目に萌え系イラストは晒され続けている、あ〜確かにそうですね、わかりました、ちゃんと取り寄せておきます、はいお願いします、ここまでのやり取りで一体どれぐらいのひとがおれの趣味を見ていっただろうか。おれのことを理解してくれてありがとう、コミックスを買ってきておれによこせ。

 帰宅してからは引き続きポッドキャストやゲームをしまくる日々に突入した。なぜなら、歯医者を頑張ったからで、これはご褒美だからです。歯医者では歯のみならず曜日感覚までぶっ壊してもらっていたので、日没して確認するまで今日セフレがあるものだと勘違いしていた。しかも、そもそも、今週のセフレはお休みであった。いまから感想を書くまんが雑誌にしばらく広告されていたコミカライズはどこで連載するのだろうと思っていたけど、読み切りの単行本を出すらしかったのでどんだけアニメに期待を寄せてるんだよと思った。

 それではまんがタイムきららMAXの感想を書きます。遅れているので今日こそは手短に書きます! 『ご注文はうさぎですか?』、カップリング違いの話。カップリング変えるだけでかわいいのはズルいんだがかわいい。小説家の担当が考えたネタで場が盛り上がってるのに当の本人は照れるみたいなところもよかった。『ステラのまほう』、冒頭のアングル、黒タイツだと丸見え感を装うことができるんだな、すごい。エロ本を見る少女たちというノリ。主人公的には大きな決断だが、周りの人間がズレててちゃんとボケに繋がるのが面白い。注文のズレとか。『きんいろモザイク』、サブキャラの弟や妹の話、というか妹メインで、どんな高校生になるかとか、大人とはとか。既に過保護的なのは兄弟愛だが、早々に挫折して全力で甘えてくるのめちゃくちゃいいですね。『こみっくがーるず』、増ページ。ここ数回はずっとそうだけどこの作品もサブキャラの妹にフォーカス。お姉ちゃんって言ってたのが過去か昨日かの差も良かったけど、やはり後半のえげつないアニメが一番良かった、爆笑しちゃった。『魔法少女のカレイなる余生』、校長(理事長?)が高齢魔法少女のひとりの妹とい

うかなり複雑な関係図だが、その校長と主人公が料理対決、熊の手は普通に珍味的な旨さがあるんじゃなかったっけ。お母さんとしての地位を高めてどうするんだよ、ウケる。より関係が複雑になった。『すくりぞ!』、こっちにもサブキャラのお母さん登場、そのお母さんがCEOなのでメチャクチャ媚びるキャラがいて笑った。部屋にクレーンいれてリフォームしてないか!? 当て馬の自覚あるの良いな。『どうして私が美術科に!?』、冒頭に雑な俳句を挟みつつの展開、金魚が他の金魚を食う話残酷でゲラゲラ笑った。後半のスイカも残酷オチだけど、スイカの真ん中のうまいところだけ食うの、ぶん殴られそうな遊びだ。『しょーがくせいのあたまのなか』、バレンタインデーなのでチョコをもらう数で競争する男子、この作品にしては小学生らしい小学生の行動だ。図書室で本をいっぱい借りるとかさ。でも最後はやっぱり気取った、というか、伏せた展開。先生たちのレズエッチを阻止しなければ!! 『ななかさんの印税生活入門』、異世界の扉あんなにカラフルだとゲイが出てきそうだな。異世界モノとはみたいな流れ、百合日っていう理解は鋭い。ベンチの下にまで気になる異性が

詰め込まれているの笑った。つうか、まあ、カラーページの足ですよね。『TCGirls』、カードゲーム屋浮気疑惑。クソダサ変装のせいで説得力ないとか失礼すぎてウケる。普通の休日を尾行して一緒に楽しむ感じだけど、最後みんなのためにカード集めてると知ったときに、取り分の話ができるゲスい主人公、最高な性格をしている。『はんどすたんど!』、不安障害ぽいキャラメイン、お母さん鍋はちゃんと見てくれ! 強引に寒さを解決する面々も良かったけど、とにかく走ってるときに不安直撃したり、話がこじれて授業中に羊を数えて寝ようとしていたと勘違いされるくだりがめちゃくちゃ面白かった。それでもちょっと平均台の能力が開花しそうになってるのも展開として良いしな。『きらりブックス迷走中!』、金持ちが全力を出している!! 無菌室って何に使うつもりだよ、笑った。正直作家がちゃんと給料もらえて連載もできるなら金持ちが買い占めてても両方幸せなのでは……? チラシの裏に印刷しようとしてるのもウケた。『夢見るプリマ・ガール!』、カラーを活かしてコスプレ会、主人公の母親がクレイジーなため強引にコスプレさせることができる! 女教師の服を脱

がそうとする飼い犬、ヤバくないですか? いい母親像っぽいのに衣装しか褒めないところが酷くて爆笑した。『ヴァンパイアちゃんが狙ってる。』、前からもなんとなく見えてたっけ? 妹が本拠地に来る話。まともだったのは最初の一コマだけで怖い、主人公への愛が壊れている。縛られる前から目覚めてるのも笑えるな、結局縛られたまま帰るし。『ゴスロリJK無人島漂流記』、前回の失敗を活かした食料捕獲、かわいくない魚を捕まえるとか言ってるの最高、残酷だ。ヤギも女だったのか、まあきららに男はいらないからね……。毒あるか聞いてるのにかわいくないOKとか笑わないわけないだろ。『みゅ〜こん!』、ツンの子に元気がない。性格チェンジものは本当に好きなのでそういう性格の子が素直なのがいいとかメチャわかる。しかし食えない料理を用意する食堂ウケるな、食べ物で遊ぶな! 最後はやっぱりいい話。『私を球場に連れてって!』、野球ネタのまんがが原作付きとして連載開始、確かにネタの面白さと以前のMAXでの実績を見れば強いタッグだな。内容はしっかり前回までのゲスト設定を押さえている、つまり頭へのボール直撃、方言バリバリなところ。テ

ンポが良くて面白い、埼玉も程よくバカにしてるし。『JKすぷらっしゅ!』、新キャラは科学部みたいな。登場人物の性欲が常にフルなので、惚れ薬と聞いた途端にレズのペニスがギンギンになってるような悪魔の描写で笑った、しかも惚れ薬は媚薬ではないという強いオチが主人公にとどめを刺す。『ペンにまします神サマの』、委員長が完全にレズ側の人間になってしまった、大漁ってなんだ、漁獲量はいくらなんだ。中盤と後半はベクトルが別なシリアスさがあるが、それでも設定を忠実に守る騎士の姿には笑った。『ぱぺっとコール!』、こっちは攻め感が強いレズっぽい関係、最後に和やかな愛情っぽい描写が入るんだが、アクシデントで倒れたときに写真撮ってくれって頼むのは怖くてウケる。しかし画伯の絵心ヤバいな、壁画の絵じゃん。『りかけいの女子』、小保方さんじゃん。文理の壁みたいなものが表現されているがそうなのかな、文系の方が華やかとか。シャワーを浴びて倒れるようなキャラが主人公の相棒になる。早々に敗北を受け入れる姿がいい。信号機さん、よく人前に出る気になったな。『脇役どもがっ!』、RPGの村人が主役になりたい話、とにかくそのために

勇者一行を受け入れてぶっ飛ばすというずさんな計画を立てていて面白い。最終的に剣を調達してピクニックになっちゃう感じだが、剣ということは、殺すのか? 物理的にピカピカしようとしてて涙ぐましい。『のけもの少女同盟』先生の年だと東洋の魔女も厳しいのでは……? 老女ですか? 球技大会に出たい話、足を引っ張られるというのはわたしの能力が優れていると言いたいんだよね、笑った。ボールごときで手が折れるかどうか自信がなくなるのも良かった。『スポチャン!』、部長が登場するが身長が圧倒的に足りないので徹頭徹尾小学生のような扱いを受ける。実力下の中ってそれが一番小学生っぽいじゃん、ゲラゲラ笑った。最終的にチャンバラキラーマシーンにオチが託されて案の定ノリノリになっちゃうのかわいいな。『農娘!』、新作だが一貫して農業だな。原始的な装置、よく自宅にあったな。恩を売りに来たメガネのキャラが強烈で、メガネの内側に目隠しをしたり、終始牛を食い物としてしか見てない残酷さが表現されていて痛快だった。『いちごの入ったソーダ水』、現役の作家をお迎えして質問をするくだり、でもエグい小説を書いているから匿名になる。でもまあ気\xA4

砲覆襪里ⅻい両錣如"討猟衞樵阿鮗遡笋気譴謄Ε辰箸覆襪量儀弉茲垢丨椴匹ぁ﹆颪ǂ困砲呂い蕕譴覆ǂ辰拭"輞陬薀❶璽泪鵑鬚箸いξ丨譴杷翎个靴討靴泙辰拭0幣紊任后\xA3