読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椿に旗弁(きべん)

椿−アルカワ(有川)が咲き始めました。

“紅色地 白斑入り 八重咲き やや乱れた筒しべ 中〜大輪

1695年(元禄8年)の「花壇地錦抄」に載る古い品種“

なんともいえない色合ひで遠目には、とても素敵な椿です。

近づいて見ると花弁も蕊も乱れるものが多く少しがっかりします。

直径10cm以上ある紅色地の大輪で、大小の雲状の白い斑が入る八重咲きの椿です。

蕊は筒しべですが、筒が乱れやすく、葯が黒くなったり、旗弁にもなりやすい椿です。

旗弁とは、雄蕊の葯の部分が花弁化して、小花弁を作るもので、椿に良く見られる現象です。

三枚目の写真で蝶のやうに見える部分が旗弁化した雄蕊の葯です。

「“つれづれなるまま”」のSNS版です。

Blog版をご覧いただける方は是非下記URLをお訪ね下さい。

http://stajiri1123.blog20.fc2.com/