16世紀にスペイン人によって現在のメキシコに持ち込まれたウマは、アメリカ北西部の多くのインディアンによって使役され、移動や運搬に広く使用され>『コロンブスの不平等交換』

コロンブス交換 (Columbian Exchange) は、1492年から続いた東半球と西半球の間の植物、動物、食物、人口(奴隷を含む)、病原体、鉄器、銃、思考の甚大で広範囲にわたる交換を表現する時に用いられる言葉。1492年のクリストファー・コロンブスの「新世界」への到達にちなみ、この名称が用いられる。

コロンブス交換の概念はアメリカの歴史学者ルフレッド・クロスビーによって提唱された[1]。クロスビーは「著しく異なるふたつの世界はその日を境にそっくりになった。生物学上の均質化が進んだことは、大陸氷河の後退以来、地球の生命史において重要な現象のひとつに数えられる」と述べている[1]。

目次 [非表示]

1 交換の例

2 コロンブス交換の比較

3 脚注

4 出典

5 関連項目

交換の例[編集]

トウモロコシを貯蔵するアステカ王国の人びと

アイルランドのジャガイモ飢饉(1849年)

コロンブス交換は地球のあらゆる社会に影響を与え、また多くの文化を絶滅させ、新種の作物と家畜を循環させ、長い目で見ると、世界の人口を減少させるよりもむしろ増大させた。トウモロコシとジャガイモは18世紀のユーラシア大陸では非常に重要な作物になった。トウモロコシは日本に届くまで1世紀を必要としなかった。ラッカセイとキャッサバは、東南アジアや西アフリカで栽培されるようになった。

この植物と動物の交換はヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、アジアの生活様式を変えた。以前は見たことのない食物が食され、新しい農作地帯が耕作された。元来は南アメリカ以外では存在しなかったジャガイモだが、コロンブス以降は世界各地に伝播し、特に北ヨーロッパでは冷涼な気候を生かして大々的に栽培された。1840年代のアイルランドではジャガイモが主食級の扱いを受けている。しかし食生活をジャガイモに依存しすぎたため、のちにジャガイモの疫病に端を発するジャガイモ飢饉で大打撃を受けた。18【16】世紀にスペイン人によって現在のメキシコに持ち込まれたウマは、アメリカ北西部の多くのインディアンによって使役され、移動や運搬に広く使用された。また、トマトソースはイタリア料理の象徴になり、アフリカのコーヒーやアジアのサトウキビはアメリカにおいて主要な作物になっている。

19世紀に入っても、北米のインディアンは石器を使用していた。ここにヨーロッパ白人が鉄器を持ち込んだため、槍やトマホークに転用され、対白人入植者や部族間の抗争を激化させた。同じく銃も部族間の勢力争いを激化させ、白人によるインディアンに対する民族浄化にも活用された。酒(ウィスキー)は、インディアンを酔わせて土地の譲渡書類に署名させるためにさかんに使われた。酒造文化のなかった北米のインディアンやエスキモーは、酒で骨抜きにされ、たやすく土地を奪われていった。21世紀の今日も、アルコール依存症は彼らの社会全体を覆う深刻な問題となっている。

コロンブス交換の比較[編集]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%96%E3%82%B9%E4%BA%A4%E6%8F%9B

山本 紀夫著 コロンブスの不平等交換 

山本 紀夫(作家)

想像してみよう。もしトマトがなかったら、今あるイタリア料理はどうなったのだろう。確実に現代のものとは違った料理となっていた。トマトは、コロンブスのアメリカ大陸「発見」以降、新大陸から旧大陸にもたらされた食物である。ヨーロッパで食された歴史は、意外にも浅い。それ以外にも、新大陸から旧大陸へもたらされた作物は多い。トウモロコシ、ジャガイモ、カカオ、パイナップル…。逆はどうか。コムギ、リンゴ、ダイズ、タマネギ、サトウキビなど、多数のものが旧大陸に持ち込まれた。コロンブス以後、様々な交流が行われ、それを「コロンブスの交換」(アメリカの歴史学者クロスビーによる)と呼ぶ。

著者は、この「交換」という言葉に着目し、本当に対等の関係による「交換」だったのかを検証する。第一章・二章では、トウモロコシとジャガイモの起源をたどり、栽培化・品種改良の面において、いかに先住民たちの苦難と努力があったのかを明らかにする。ヨーロッパ人は、単にそれを横取りし、自分たちの大陸に持って帰っただけなのである。一方、サトウキビはどのような効果を、先住民たちに与えたのか。結果だけをいえば、ひとつには奴隷制を拡大させることになった。

また、さらに大きな影響を与えたのが、疫病である。天然痘、はしか、インフルエンザ、黄熱病、マラリアなどが新世界にもたらされた。これらによって膨大な人々が命を落とすことになる。こうした分析を通して、両者における交換が「不平等」で「一方的」なものだったことが明らかさにされる。ヨーロッパ由来の家畜(馬と牛)に関する考察(四章)も興味深い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーーー

http://dokushojin.com/article.html?i=884

内容説明

15世紀末にコロンブスが大西洋を横断して以来、ヨーロッパからはサトウキビや小麦・牛・馬などがアメリカ大陸に持ち込まれ、アメリカ大陸からはトウモロコシ・ジャガイモ・トウガラシなどがヨーロッパに運び込まれた。世界のグローバル化が始まり、食文化にも多大なる影響を与えた。新旧両大陸による交流は「コロンブスの交換」と呼ばれるが、はたして正しい名称なのだろうか。コロンブスの功罪を作物・家畜・疫病の観点から掘り下げる。

目次

序章 黄金より役立つもの

第1章 コロンブスが持ち帰った穀類―トウモロコシ

第2章 アンデスからヨーロッパへ―ジャガイモ

第3章 サトウキビと奴隷制

第4章 ヨーロッパ由来の家畜の影響―馬と牛

第5章 先住民の悲劇―疫病

終章 コロンブスの功罪

著者紹介

山本紀夫[ヤマモトノリオ]

1943年、大阪府生まれ。京都大学農学部農林生物学科卒業、京都大学大学院博士課程単位取得退学。農学博士(京都大学)、博士(学術、東京大学)。国立民族学博物館名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

グローバル化はここから始まった!「コロンブス交換」が後の歴史に与えた衝撃は計り知れない。交換により生じた様々なドラマを取り上げ、「コロンブス交換」とは何であったのか、現代世界にどのような影響を与え続けているのかに迫る。

山本 紀夫[ヤマモト ノリオ]

1943年大阪市生まれ。国立民俗学博物館名誉教授。京都大学卒業。同大学院博士課程修了。農学博士。民俗学、民族植物学、山岳人類学を専攻。1976年より国立民族学博物館に勤務。1968年よりアンデス、アマゾン、ヒマラヤ、チベット、アフリカ高地などで主として先住民による環境利用の調査に従事。198487年には国際ポテトセンター客員研究員。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーーー

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784047035928