南宮大社参拝

大垣の某病院で脳外科診療の後、西濃で

有名な南宮対者へお参りに行って

きました。

南宮大社ってのは、新幹線で西へ向かう

際に、大垣〜関ヶ原の間で左側にもの

すごくでかい朱色の大鳥居が見える

ところです。

場所で言うと垂井町にあります。

南宮大社金山彦命(天照大神の兄神)を

主祭神に、美濃国一の宮として、また

全国の鉱山、金属業の総本宮として

有名な神社。

勝負事・必勝祈願・金運上昇にご利益が

あるとなされます。

今のプロジェクトがうまく行くことを

願いお参りをしに行ったわけです。

また魔除け災難除けの神様として崇敬

されてきたとのことで、追突事故、

自転車転倒とアクシデントの続く私も

厄除けになるかな?との思いもあり

ました(正直こっちがメインかも)

ちなみに金属に関わるメーカーの名前も

境内で目にすることができます。

(アイシンとか織機とか)

あと、刀剣乱舞で三条の刀派に分類

される三条宗近初代の作が宝物として

保存されているとのこと。

楼門とその手前にある石輪橋。

楼門は朱塗りの色映えが素晴らしい。

石輪橋は神様の通り道として、ずっと

通行不可になっています。

この奥には本殿があり、本殿の周りにも

たくさんの神様が祀られていて見所が

たっぷり。

正直、失礼だけどこんな辺鄙な場所で

これだけ手入れの行き届いた重要文化財

があるとは知りませんでした。

瓦塚

社殿に使われていた瓦を、建替え時の

交換の際に、長年の風雪に耐えたことに

感謝して供養塔に祀られているのだ

そうです。

奥には南宮稲荷神社も。

平日だというのに、お参りする人が

絶えませんでした。

南宮大社関ヶ原の戦いの時に戦火で

焼失し、その後徳川家光が再建する

のですが、南宮大社は戦場にもなって

いないはずなのになぜ焼失してしまった

のかは不明です。

広告を非表示にする