読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年3月25日

すべてを使い果たす。一日一日。前に進んでいるのか?後ろに下がっているのか?良いのか悪いのか分からない。こうすることは病気の原因だとか、僕が心が汚れていくこととか、僕が出来ないこととか、人が一人にしてほしいときにさっと察するような、その囚われのない心は頭の中では出来て、話すことも話さないことも頭の中では必要だと思うし、でも動くことで僕から湧き出るその出来ない焦りとか、そういったオーラから僕の限界を知ってしまうから、僕がどっちがいいかなんていつも分からないし、話せば僕はいつもそのテンションがどの位置かというそれが相手によって定位置に決め付けられるから、僕がそこでなければいけないようになったりとか、自分で自分の首を絞めているのも重々承知な上でどちらが正しいのかは分からなく、それでも毎日例えば話したほうがいいだろうというときになんか頑張ってやたら話したり、いえない虎われがそのときあればその後どんな苦痛が待ち受けていようがそれどこじゃない。僕がそのときその場でそのようにするのが精一杯でなんだかいつも燃え尽きて前に下がってんだか後ろに下がってんだか分からない目標も分からなければ、な\xA4

鵑世\xAB僕が崖に追いやられてただひたすら疲れて、僕が僕の限界を知ってしまう。

それでも、なんだかいやすいという光があるなら、僕がこれを話せないという闇も具現化してて、明日僕が困るというそんな腐った世の中の人間関係を具現化していることなんて重々承知な上で、なんかそれでも、そのとき僕が出来る最善を尽くしても食う票も糞も知らないなんだか僕がそのときそうしなければならなくってそれが出来るであろう事をそれしかめにつかづただひたすらこなしていくだけ。それでもそれがどこかに繋がっているだろうと思う。

ひたすら毎日毎日疲れ果てるいや何もしてないんだけどなんか。

腹立つこともあるよ。雰囲気で見られてその雰囲気でオリを作られて貼り付けられそうになったり。アニメみてそう?確かに否定できないんだけどでも、アニメとかそういう人間を馬鹿にしてその地位付けをしてないか?と思うのは僕の思い過ごしか?まあ、そんな腹立つこともあっていえないこととかもあったり。そんなんが子汚い社会を構成していく自分がどす黒いその社会という毒の沼地を構成してしまっているのも分かって落ちていく。

僕が今あがいてそれを出来る人間ではないことはわかって手。だから、僕はあんなふうになりたくないと思うしでも、今同じようなことをして

それでもなんだか前に進んでんだか後ろにさがってんだかは知らないただひたすら今を生きる

寂しさもある差僕のふがいなさも思うさそれでもなんか今の自分がなんだか最近は毎日ただひたすらその時のパワーを燃やし尽くしている無断ことに燃やしているなとか、も思う。

本当はそのパワーを残しておきたい。何でどうでもいい関係を構築するためにパワーを消費差連打とか、もっともっと、どうでもいい目の前の関係とかそれで構築される社会と稼動でもいいんだけどそれを構築するのって目の前の人間だと思うしそういったものは本当はどうでもよくって。だからもっと深く僕が疲れない関係とかを望むしだからこの沼に落ちる木はさらさらないんだけど。

本当ならこんなことでパワーを使わないでもっと綺麗な上に生きたいしさ。

でも僕はこの地上にそれが出来ないでそのおろかな一員として存在するというか

何でどうでもいいことのためにその壁で囲まれた関係を作るためになんだか砂の砦をわざわざ構築しなきゃいけなくって