読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アース不良対策でアース強化

3月25日

ドゥカティモンスターちゃんの電装系トラブルの原因は、アース不良で間違いなさそうな雰囲気です。

ここがバッテリーマイナス端子からの最初のアースポイント。

ここを起点に、アースを強化しようと思います。

余っていたアーシング用のワイヤーを、キャデラックのトランクから引っ張り出してきました。 (キャデラックのパワステベルトを交換してから持ってきた)

アーシングワイヤーを取付け。

ナットも付属されていた金メッキ?のものを使ってみた。

反対側はエンジンブロックのアースポイントへ。

ついでに、レギュレーターの固定ボルトと兼用されてるアースポイントがひどい状態なので、対処しちゃいます。

こんな感じです。

錆びたボルトはカッコ悪いです。

そして、新しいボルトは気持ちいい!

さて、アース強化してエンジンをかけたら、セル一発で簡単に始動して、しかもアイドリングが安定していて、今までと全く違う感じ。

いいねぇー。うんうん。

そんなわけで、車載カメラをセットして試走に行ってきました。

帰ってきてプラグをチェック。

白いな。予想外です。

それほど回してないんだけど。

キャブレターのオーバーフローも気になってたけど、大丈夫みたい。よしよし。

前バンクも同じ感じで、白い。

試走した感じ、スロットルを開けた時に変な振動があって、伸びない感じがします。

メインジェットとニードルの段数を調整した方が良さそうです。

スロー系の調整は問題なさそうです。

バルブクリアランスのチェックとタイミングベルトの交換も必要だよねー。

ということで、電装系トラブルと、キャブのオーバーフローは解決したので、やっと次のステージへ進めます。

試走の動画、まだ編集してないので、後であっぷします。