読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「変容」

世のなか

「歳をとったように見せたくない」

「シワを隠したい」

「いつまでも美しく見せたい」

所謂「アンチエージング」流行りである

小泉今日子が少しまえにこんなことをいっている

「人間歳をとれば それなりに容貌は変わるし 変わっていくのが当たり前

 それのナニが悪いの? エージングは劣化じゃないし 悪いことじゃないのに」

タレントや女優で長く続けるひとびとは

それでも変容の度合いが目立たないように見える

いま「CSI 科学特捜班」という長寿テレビシリーズの初期作品を観ている

20年以上続くシリーズで

しかもメンバー交代が少ないドラマなので

最初のころの映像を観ると

みんな極端に若い

グリッソムもニックもウォリックもサラもキャサリンもグレッグも

みんな若い

ブラス警部なんか髪がふさふさしている

おれはこのドラマを通して観ているので

各メンバーが歳をとっていくさまを観てきたはずなんだが

初期から見直すことなどないので

そのエージングありさまにほとんど気づいていない

それは10代のころから付き合っている友だちにもいえることだ

アタマがはげたり異常に太ったりシワが増えたりヨボヨボしたりしても

彼らの本質的な部分はそれほど変わっていない

そりゃオトコとオンナでは価値観が違うから

オンナが「若見せ」したいというキモチは解らなくはない

だけどそれは至上命題ではない

「若く見えること」よりも

経年によって「いい歳のとり方をした」と見えることのほうが意味深いと思う

誰でも同じ速度で年齢を経る

SFじゃないんだから「双子のパラドクス」など存在しないのだ

いいじゃないか

歳をとるんだから

それなりに変容したって