中山で飲んで食べて華の大障害

中山グランドジャンプを見にゆきました。華の大障害。

このときのために、朝食をぬきました。

スイーツ目当てのフードコートばっかりになってしまった府中と違い、中山にはまだまだ名店があるからです。

ひらちのレースはわからないのでケン。

和可奈寿司です。ここは注文してから握ってくれるので、いつも並びます。

寿司桶に入ったお寿司は昔ながらの大きなにぎり。お米は最近めっきり見なくなったササニシキを使っています。

ほどよく酢がきいてわさびがツンとかおるお寿司が、並820円、上1050円というのは良心的です。

鮪寿司と、玉子焼き。和可奈のおばちゃんは「あらぁ〜 あたし玉子焼好きなのよぉ おつまみにいいのよぉ ゆっくりしていってね」とウグイス嬢のような美声でさえずります。

鳥千チキンです。

本店は赤坂にありますが、府中や中山などの競馬場に入っています。和風フライドチキン。チキンカツとは違います。

鳥千は国産の鶏を使っていて、コンビニの変に脂っこくてぶよぶよしているチキンを40馬身くらいぶっちぎっています。

塩をちょっと、マスタードをたっぷりかけるのがコツ。

梅屋の煮込みです。

そばやうどんを出すスタンドなのですが、具がいっぱいの煮込みは、スイーツ化の進む中央競馬では貴重です。

もつの処理も丁寧で、白もつばかり。「赤いアバ」と臭い消しの生姜がごろごろ入っている浦和とは大違い。

JRAのCMにのせられて来た糞スイーツが「もつ食べるのはじめてだけどおいしーい」と梅屋でいうようになるのかな・・

パドック。勝ち馬のオジュウチョウサンの前にいるのが新潟と中京のベテランはまのや騎手。

本馬場入場。JG1なので誘導馬もそろっています。

レースは有馬記念中山大障害を勝つという大偉業をなしとげた熊沢騎手の馬が単独で先行するかたちに。

ペースも落ち着きます。

年に二回しか使われない大障害コースを全馬無事クリア。客席から歓声と拍手がおこります。

地力があり、このメンバーなら勝ちはできなくても馬券にからむだろうと狙っていたサンレイデュークがじわじわと進出。

最終コーナー前では、勝ち馬のオジュウチョウサンに並んだのですが、オジュウチョウサンは強かった。

突き放すようにのびて、大障害三連覇となりました。

最近の大障害は、スピードのある馬が勝つちょっと変わった傾向があったのですが、オジュウチョウサンのような、スタミナがあって大障害コースをものともしない障害馬がようやく出てきました。

これからが楽しみです。

オジュウチョウサン連覇ジャンプ界敵なし/中山GJ