安全保障関連法施行で、 自衛隊の任務拡大。海洋で中の米国艦船を 自衛隊が防護する活動、任務が拡大、危険が増しています。

   5月に成りました。

   いよいよ気持ちも、五月晴れ!!!

      と言いたいところですが、

    それも、内憂外患、儘成らず

      心配の種は、尽きません。

安全保障関連法の施行で、

自衛隊の任務は大きく拡大しました。

昨年秋から同法に基づく訓練が続々と始まり、

国連平和維持活動(PKO)での「駆け付け警護」のように

    自衛隊の任務が拡がり

北朝鮮のミサイル発射に対して、

米国艦船を、

自衛隊が防護する活動も、

稲田防衛相が命じました。

    日本国憲法上、疑念もあり、

    自衛隊員の危険も拡大しています。

    安全保障関連法の内容は、

      分かり憎く

    担当大臣でも説明が難しいようですが、

    北朝鮮のミサイル発射の脅威に対して、 

    人類が、再び流血の惨事を招かないよう、、

     蛮行・愚行を繰り返さないよう、

      五月晴れのお空に、切に、切に、

       切望する次第です。(_)m(_ _)m

※ この記事も、ご覧下さい。

http://news.livedoor.com/article/detail/13003303/

※ ブログ夢想花も、ぜひ見て下さい。

http://poeny.shiga-saku.net/

Posted by 夢想花 at 02:21