読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちなーほろほろ)モジャモジャが

『ミミガイ(耳貝)』

ミミガイ科

方言名:

別名:

英名:donkeys ear abalone

分布:土佐湾以南

生態:岩礁に生息

   殻は耳の形をしており、成長線が疎らに入る

   軟体部は、殻より著しく大きいため殻に収まりきらない

   外套膜を広げて泳ぐか、滑るように岩場を移動する

   夜行性

   食用可

   体長10cm

モジャモジャの“何か”が、岩を這っていました

イトミミズ的な“何か”をウニゃウニゃさせながら、けっこうな速さで進んでいました

触角らしき物が見えたので、貝か巨大なウミウシか?と思いました

モャモジャでウニゃウニゃな“何か”←ストライクゾーン

思わず「ちょっと待って〜!」と言ってしまった(笑)

あまり危険そうには見えないし、

“海の危険生物”に、こんなモジャモジャな奴はいなかった気がするし、

男は度胸だ!!(?)ということで手乗りモジャモジャ

(笑)

手に乗せたら焦ったらしく、軟体部がビロ〜ンと出てきました

真っ白で綺麗でした

しばらく手乗りモジャモジャと遊んで撮影し、

これも友達イントラさんにお問い合わせ

ソッコーでお返事いただきました

流石プロ頼りになります

図鑑を見たら、この貝殻なら浜辺にたくさん落ちてる奴です

貝の表側は、太陽に晒されて風化したような感じになっていますが、

裏側は螺鈿細工に使えそうなくらい綺麗な貝です

あの貝殻の生きている時は、こんなに鮮やかな鼈甲色だとは

驚きです