「関ジャム完全燃SHOW/アニソン」TV

『関ジャム完全燃SHOW/アニソン特集』

 “深夜の題名のない音楽会“とでもいうべき日曜深夜にやっている関ジャニ8の音楽番組『関ジャム完全燃SHOW』。毎回音楽業界の様々なジャンル(作詞家、作曲家、ディレクター、編曲家など)のトップクラスの人を招いて音楽がどのように出来ているのかをやさしく教えてくれる一種の音楽教養番組。

 今回の特集はなんと“アニソン”。アニメにまったく興味のない関ジャニ8に対してゲストのKis-My-Ft2宮田俊哉志田未来が本物のアニメファンで、特に宮田が語る語る。なんだ、こいつはアイドルじゃなくて普通にアニメファンじゃないか!!

 内容も実にしっかりしていて特にアニソンプロデューサーの人が莫大で複雑な範囲を持つアニソンの定義をきちんと判り易いように分類してさらにその歌手の中で何人も武道館でソロライブを行ってることを説明して関ジャニの面々を驚かせたり。

 オープニング曲が全て89秒で出来ているので、そのために鉄板のコード進行があったりなど普通のアニメファンでも知らないことを教えてくれるのにも感動。

 また、音楽番組としてアニソンの歴史を変えたシーンや作品として『涼宮ハルヒの憂鬱』のライブシーンの演奏や『けいおん!』という番組について詳細に説明したのはうれしかった。こうやってアニソンが音楽文化の一翼として語られるのもうれしい。

 しかし、一番笑ってしまったのは支配人の古田新太が「『もってけ!セーラー服』はカラオケでチャレンジしたけど歌えなかった。あれをカラオケで完唱したやつはいない」というところ。