最近忙しすぎて行けなかった母が入所している特別養護老人ホームカリヨンの郷に行ってきた。

容体は安定していて、ほっとした。親父は二年前に他界しているので、身内は母ひとりである。

以前と違うのは食生活の関係で小さくなっていた。今は要介護3なので立てない。

車椅子である。顔を見たらいたたまれなくなった。涙が出た。久々の感じである。

広告を非表示にする