facebookでの写真関連プロフ

SNSの某コミュニティ関連の用途だけで

facebookのアカウントを使っているのですが、

そのコミュニティからたどって見つけてくださるのか?、

けっきょくSNS経由でfacebookに来られたかたばかりが

メッセージや申請を下さる感じで、

もちろん有難いことですけど、

何だかSNSfacebookで重複して二度手間っぽくて、

特に必要性もないと思われますし、

facebookは実質ほとんど使っておりませんので

facebook上のともだち」も増やしたくないですし・・・

って言うかSNSでも友達とかになる必要性を感じなくて

むしろ仲が良い人ほどメッセだけで交流してきました、

逆に、「友達」さんや「facebookのともだち」は

人間性について全く知らない人」ばっかりの気がw・・・、

まあ、とにかく「受信確認の窓口」や「ログインの手間」を

極力、減らしたいという方針でやっておりますので、

facebookに書いた日記もこちらに持ってきましたから、

これらに対してコメントやメッセージなどをくださる場合も、

ここに書き込んで頂いても気付けませんので、

twitterやlineでつながっている人はそちらへ、

そうでない方は「SNSのメッセージ機能」でお願いします!

受信すれば通知が来る設定にしておりますので。

facebookは滅多にログインせず、メッセにも気付けません!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

facebook 2017年5月20日

(このカッコ内は後日追記ぶんですが

プロフィールの追加みたいになりましたので、

冒頭に置きます!

割と最近、SNSに一つだけ日記を書きましたせいで、

「まだSNSをやめてない」と示したことになったから

でしょうか?、

SNSfacebookに、モデル役希望の同じかたから

撮影応募のメッセと友達申請を頂いたのですが、

事情があってお受けできませんので、他の方から

また同じような応募を頂く可能性もありますし

ちょっと説明しておくことにしました。

SNSで人物の写真などは掲載していないのですが、

モデル役のかたが各々のアルバムに

載せておられたりして

撮影者として僕を明記してある場合も多いので、

それを見たかたが来て下さったりします、

ご訪問、有難うございます!

ただ、SNSfacebookで交流して頂いているのは、

いわゆるリア友ではなく、

会ったことはあるものの、あまりよく知らない人が

ほとんどですので、

モデル役さんのプライバシーを保護するために、

それらのアカウント上では、

こちら側からはモデル役さんとの関わりを示さない

方針なのです。

ですから、写真を見て来て訪問して下さったかたは、

その写真やモデル役さんに関して、

こちらのアカウント周辺では、オンでもオフでも

コメントしたりされないようお願いします!

以前、それらを見て来られた方が、

こちらに付けて下さったコメントなどから

たどったりされたのか、SNSでの知人の何人かは、

モデル役の人達の事を知っていたりするようですが、

その方たちも他言しないようお願いいたします!

その件に関して何も知っておられない人も、

友達リストに載っている人を訪問して調査?など

しないでくださいませw、

撮影者を募集しておられない人がほとんどですし、

モデル役の方々は友達リストの中にはいません!

いずれにしましても、

申し訳ないですけど、新たに未知の人からの、

撮影依頼を受けるための余裕がありませんし、

上記のような理由で

モデル役の人とは、SNSfacebookのアカウントでは

関わらないことにしておりますし、

twitterもモデル役さんとの交流用アカウントと、

それ以外の人の交流用は完全に分けていまして、

SNSfacebookのアカウント情報や交友関係から

たどられる可能性のあるtwitterアカウントはどれも、

モデル役さんとの交流には使っていませんし、

元友達さんであっても撮影に協力して頂いたら、

友達リストからは消えてもらってるくらいなので、

モデル役志望者さんからの友達等の申請も

お断りするしかなく、それは心苦しいことですので、

モデル役としての立候補?や、そのような方からの

このアカウント及び姉妹品?のアカウントに対しての、

友達、相互フォローなどの申請に関しましては、

「どなたからも一律でNG」ということでお願いします!

もちろん申請しようと思って頂いたこと自体は、

非常に有難いですし、嬉しくもあります!

それ以外の用件でご意見など頂ける場合、

facebookは不定期ログインですし、

メッセなど頂いても通知の設定もしていませんが、

SNSなら少なくとも

メッセージ受信時の通知設定だけはしてあるので、

そちらへ、どうぞ!

ここまでが後日追加ぶんで、

ここよりも後がもともとの本文です)

不思議に思ってることがあります・・・

10日くらい前に、ここに書いたような理由で

最近ちょくちょくSNSにログインしてます

SNSってfacebookと違って

訪問者(あしあと)数が表示されるのですけど、

この1,2ヶ月以内に1つだけ日記を書いた直後に

あしあと数がずいぶん多かったのは納得ですが、

(現在SNSにアップしてるのはそれ1つだけですw)

その日記を編集する形で内容を追加した直後にも、

なぜだか、あしあと数がやけに増えたのです・・・

ぜんぜん知らない人達のあしあとですよ・・・

(もうほとんど使っていないSNSですが、

それでも、どなたであっても御訪問して頂くのは、

それだけで、なんだかウレシくはあるのですよw、

来てくださる方々には、アリガトウゴザイマスです!、

ただ、なぜあのタイミングに集中したのだろう?

ってことだけは、ちょっと不可解に思えました・・・、

実は「撮影に協力して頂いているモデル役さん」が、

SNSで、僕を足掛かりにしてストーカーされたことが

ありますので、かなり注意深くなってるんです・・・)

SNSで特定の人が日記などを編集しただけでも、

いちいち気づけるような」アプリみたいなものが、

あるのでしょうかね?

もしそんなアプリとかがあるのだとしたら、

ちょっと怖いですね・・・

facebook 2017年5月20日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

facebook 2017年4月6日

プロフィールです!

でも昨年か、あるいはもっと前に書いた物の

読みづらい所を直したり削ったりして再投稿するだけなので、

特に反応して頂かなくてもけっこうですw

facebookのアカウントは、

たまたま写真の勉強会で知り合った人たちと

御挨拶しようと思った時に、

他に連絡方法がない人もいたので作っただけなのです。

「そういう人達に興味を持たれるかな?」と思ったことを

たまにツイートしたりしますが、

万人向けの面白そうな書き込みなどはしませんし、

ログインも滅多に出来ませんから、

別の方法での交流をお願いしております、ただ、

このアカウントでオフ会に参加したこともありますので、

プロフィール代わりの文をここに置いておきます。

他のSNSに書いたものなど複数の文章をまとめますから

長文ですし、以後も書き足したり直したりするかもしれません、

文章ってパズルのようなもので、

意味が間違って伝わりそうなところ、簡潔にできるところなど、

見つけて書き直すのがけっこう面白くて、

まれに知人のツイートを巡回してみようかとログインしても、

自分の文章をいじるだけで時間がなくなったりしますw、

たぶん文章を校閲?・改良するのがけっこう好きなのでしょう、

・・・ではやっとw、ここから本文です、

僕はポートレート(人物写真)を作品として撮っています。

モデル役の人は割と十分に確保できますので、

ネット上やSNS関連、オフ会などで探すことはないですが、

撮影助手?として協力してくださる人を、写真のオフ会で

知り合った人の中から探すことはけっこうあります、

と言うか、それがオフ会に参加する主目的かもしれませんw。

「他の撮影者を助手として使おうだなんて何様のつもりだ」と

思う人もいるかもしれませんが、撮影者の中には、

ポートレートの被写体サンをあまり確保できなくて、

常に募集しておられるような人も多いので、

そういう撮影者サンにとっては、ありがたい話らしく、

相手のかたのメリットの方が、ずっと大きいのだそうです。

僕からすれば「誰か」が協力してくれればいいだけのことでも、

相手の方にとっては「僕」と関わらない限り得られない機会、

ということになるのでしょうかね。

「僕の撮影なんかに協力しているよりも、

いつも通りのその人のやり方で撮影に出かけた方が、

有意義な時間を過ごせるし、良い作品も撮れる」と思う人は、

そのようにされるべきですし、

その人の貴重な時間を僕が時間を奪うわけにはいきません。

「僕に協力する時間の方が、その人の単独行動よりも、ずっと

価値がある」と思う人だけに協力して頂ければ良いのです。

だから、文章上は「協力をお願いする」であっても、実際には、

話を振ってみて、「ぜひ一緒に行きたい」と言う人なら、

手伝ってもらってる、みたいな感じなんです。

例えば、一度、SNSで知り合いや、知り合いの知り合いに向けて、

撮影協力者募集の告知?を出してみたこともありました、

ここではその時の具体的な募集内容を書けませんが、

その書けない内容の部分が?、魅力的だったのでしょうか?、

翌日には締めきらないといけないくらい、

僕の対応能力を上回る数の人が応募してくれたものです!

でも、そのような募集をかける気も今はもうないです・・・

撮影者側で協力してもらう人は、

基本的にカメラが使えてモデル役の人をリスペクトできる人で、

このような協力者募集を、ありがたい話だと思われる人ならw

誰でも良さそうなものですが、

想定外の面倒なことが起きたりもしたのですよ・・・

また誰かに協力して頂くかもしれませんから、

「こういう事にだけは、ならないで欲しい・・・」って意味で、

その困った出来事について書いておきます、では、

その時、一緒に出かけた男性を仮にAサンと呼びます。

Aサンは、かなり写真に真剣に取り組んでおられるので、

写真愛好家の僕たちから見れば応援したくなる人なのですが、

いつも精神的に追い詰められてるような雰囲気の人なので、

その時モデル役をしてくれた普通?の女性には、

あまり好感を持たれておられなかった気がしました。

(普通?の女性という言葉には語弊がありそうですね、

写真愛好家同士で友達になりたいと思ってる女性でもなく、

写真を撮って欲しいとか、

モデル役をやりたいと思ってるわけでもない、

・・・つまり、世の中の大半を占める女性のことを、

この文章の中では便宜上、普通?の女性と書かせて頂きます、

僕が撮影に協力して頂くのはそういう普通?の女性が多いです。

写真を撮って欲しいと思っておられる女性なら、

撮ってあげれば、撮影者のことを嫌っている場合でさえも、

遠慮や感謝で愛想良くしてくださるわけですが、

普通?の女性は御好意で協力してくださってるだけなので、

向こうがこちらに遠慮や感謝をする必要もなく、

良好な人間関係を維持するにはそれなりの配慮が必要です。

それでも敢えて普通?の女性に依頼しているのは、

僕の場合、写真の出来が「撮りたい」という気持ちに

左右されてしまう素人なので、「撮りたい人」に頼むしかなく、

「撮りたい」と思わされる人の大半が普通?の女性なので

普通?の女性に頼んでいるという単純な事情です。

逆に例えば、以前、写真のオフ会に参加した時、

参加した者同士で交流するためのアルバム・サイト掲載用に

参加者のポートレートを撮ってみたことがあるのですが、

普段の自分の写真に比べてかなり出来がイマイチでした・・・、

念のために、同じ人と別のオフで再会した時に

また撮らせて頂きましたが、やはり全然ダメでした・・・、

たぶん僕は、自分か相手のせめてどちらか一方に、その人を

「撮りたい」あるいは、その人に「撮られたい」という

強い気持ちがないと、上手く撮れないのだと思います、

言い換えると、そういう「何らかの気持ち」が写っているのが、

良い作品だと考えているわけです。)

()内が長すぎて本文の流れが分からなくなりそうですが、

・・・で、好感を持たれておられなかった感じのAサンが、

「また誘って欲しい」的なことを言ったものの、

やはりモデル役の人には「連れて来ないで」と言われてしまい、

Aサンを誘うことは出来なかったですし、だからといって

「モデル役の人が嫌ってるから」と言うわけにもいかないので、

彼は単に「僕が誘わない」と感じたのでしょうか?、

あるいは「僕と、その女性」をセット?と見なして嫌ったのか?、

それ以来、彼は僕に対して何かと喧嘩腰になってしまいました、

あることないこと僕の陰口も言っておられるみたいです・・・

別のとき協力してもらった男性を仮にBサンと呼びます、

Bサンはもともと周囲の女性から要注意人物と見られていて、

セクハラだと苦情を言われたことも何度かある人なのですが

彼に言わせると

「あのくらいのことをセクハラだという女性がどうかしてる」

のだそうです・・・、

確かにBサンはそんなに悪いことをしておられません、でも、

そのくらいのことでもセクハラだと感じられてしまうのが

Bサンなのです・・・、

とにかく実際には特に悪いことをしておられないのだし、

ヤル気もあるようだったのでBサンを連れて行ったのでした!

(「セクハラだ!」と言った女性の1人とは僕も面識があり、

魅力的で性格や情緒面でもパーフェクトに近いような人なので、

僕はBサンに面と向かって「〜サンのような人を怒らせたのなら、

それは、とにかくBサンが悪いってことですよ」と言って、

彼をムッとさせてしまった記憶もありますw)

モデル役の人はAサンの時とは別の人でしたが、撮影が終わって、

BサンもAサンと同様に「また僕を誘って」的なことを言いました、

特にセクハラ的な言動とかは全くなかったのですが、

でも明らかにBサンはモデル役の人に好まれてなかった感じで、

やはり「(Bサンを)連れてこないで」と言われてしまいました。

これではAサンの時と同じパターンになって、また僕が、

今度はBサンからも嫌われてしまうのか・・・と考えまして、

「Bサンがその女性から嫌われてる」ことは言わずに、

「他の撮影者と一緒に出かけた時と比べてBサンと一緒の時は、

女性のノリがあまり良くなかったような気がするんですよ〜、

Bサンは、ああいう女性には、

あんまりウケが良くないのかもですね〜」的なことを、

かなり遠回しにメッセージで伝えました。

それを理解したBサンが注意深く行動するようにした上で、

なんとか、またBサンを連れて行ってあげようと思ったのです!

・・・が、そんなふうに(余計な?)気を使った結果は、

「僕が女性にウケが良くないなんてこと、

あるわけないだろ!、もうメッセしてくるな!、絶交だ!」的な

Bサンからの怒りのメッセが半日の間に約20通でした・・・

BサンもAサンと同じように、僕の陰口を言ってるのかなぁ・・・

・・・と、この二件は今までの最悪の事態です、

また今後、誰か撮影者サンに協力してもらって

ポートレートを撮りに行くこともあるかもしれませんけど、

そもそも「協力者を募集したい」という姿勢の僕が、

「また誘って」と言われて断わるわけがなく、

誘わないとしたら、それはモデル役の人が拒否したからだ、

ってことだけは気付いて頂きたいです。

その二人の話ではないんですけど、

いつもそういう撮影の時には、

モデル役の人に、協力撮影者のかたが好かれるように、

かなり気を使ってあげて、

その撮影者の人がスゴく優秀な人であるかのように

持ち上げたりして、立ててあげたりもしたはずなのに、

こちらを出し抜こうとする人とかもおられて、

あげようとしているのに盗もうとされた気持ちになった

こともありました・・・、

以後も僕に協力すれば同じような機会は

いくらでもあるのに、

なぜその一回のことに執着して、なりふり構わない

見苦しい行動に出る人たちがいるのか、不思議です・・・。

ちなみに、AサンやBサンの場合、特に彼らが嫌われたのは、

SNSに依存しすぎておられて、

SNSに惑わされておられるからでは?と考えています。

昔?、アメブロSNSやその他のSNSを知ったころ、

当時は得体が知れなかったwそれらのものに入会する前に、

入門書など読んでコツや注意事項をチェックしたものです。

どの本にも「訪問して欲しければ足跡を付けまくれ」とか

「イイネが欲しかったらイイネを付けてまわれ」とか、

書いてあったと思います、確かにその通りかもしれませんね、

でもそんな風に活動してイイネを集め過ぎてしまったり、

SNSの人間関係で、行き過ぎた社交辞令に浸って、

何をしてもイイネといってくれる友達?に囲まれてしまうと、

SNS外での、つまり世間での、自分の本来の評価を、

忘れてしまうかもしれませんよね・・・、

AサンやBサンには、そういう雰囲気を感じるのです。

今後、僕から誰か撮影者サンに、助手してくれませんか?

などと依頼したとしても、それは、

場所的にとか、分野的にとか、日程的にとか、の理由で、

この人がいいのかな?と思って選んだだけです。

「この人ならモデル役である普通?の女性に嫌われない」

などと判断できて依頼しているわけではありません。

例えば、上の段落に書いたことから考えて、

SNSに依存しすぎている人は避けた方がいい、とか

思ってますし、他にも、いろいろな経験則を使って、

ある程度の適性を推測して声をかけるでしょうけど、

けっきょくのところ僕は男なので、

そもそも「男に魅力があること」自体が理解できず、

「なぜ女は男なんかを好きになれるのだろう?」と

不思議に感じるくらいですから、男の人を観察しても

「普通?の女性に嫌われる人なのか、そうでないのか」

要するに、まったく分からないのですよw。

だから僕に誘われても

「そういうの自分には難しそうだな〜」とか

「うまく出来なさそうで気が進まない」とか思われたら、

むしろキッパリ断わっちゃってください!

自分で出来そうと思う人が出来ないことは良くありますが、

出来なさそうと思う人は、確かに出来ないものですからね。

(Bサンの件に付きましては、あの時の状況から考えれば、

「僕がBサンを批判したのではなく、

女子たちの意見を遠回しに伝えただけだ」ということに、

たぶんBサンも気付けたようで、後日たまたま居合わせた時、

Bさんの方からバツが悪そうに話かけてこられましたので、

現状では特に絶交状態でもないのですけど、

文章の流れを考えて本文ではそのことには触れてません。

また、久しぶりに会ったBサンは、考え方を変えておられて、

それはやはり、「Bサンを批判したのが僕ではなく、

女子だと気付き、それを参考にされたからだ」と思われ、

要するに何事もトライ&エラーで進歩するってことですね)

facebook 2017年4月6日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー