近況 〜 2017年8月上旬編

お盆前です、仕事辞めてまだ次決めていない私にはあまり関係ないですが。

求人も派遣ばかりで面接も受けに行く気になれないのと(仲介屋を肥え太らせるだけの派遣雇用での労働を極度に毛嫌いしている)、正直暑すぎる。

今日なんて、夕方に帰宅したら室温36度ですよ(最上階&南東窓の角部屋)、体温とほぼおなじ…

40度という環境下で現場作業していたこともあるし、暑さには強い自信があるのですが、出来るからといってやりたいかというと、そうではなく。

得意=好きという構図が成立しないのと、同じです(^^;

今仕事決めても、この糞暑い中で慣れない仕事を覚えていかないといけないわけだし、体よりむしろ、頭のオーバーヒートが心配です。

まぁ、そんなわけで来週いっぱいまで求人サイトも更新を止めるし、盆休みはプラモの塗装でもします。

盆明けから、本気出す(とはいえ、求人がコないと動きようもないのだが…)

で、平日は何しているかというと、7月は部屋の整理しまくり。

思い切って結構な数のフィギュアやプラモも手放していきました、引き出し棚や様々なツールを購入して整理整頓を約1年分程度の工程前倒しを遂行。

今では部屋もかなり広くなっています、ここらへんはまた機会があれば別の日記で。

で、8月になって最近の基本は図書館に通っています(自転車使える晴天時)

7月の有給消化開始時点でも、整理の傍らにインターネットでいろいろ情報集めて、それまで時間の都合で仕入れることの出来なかった知識や知恵をどんどん取り入れているんですが、何分暑い。

日中はエアコンつけないようにしているとはいえ、扇風機は回りっぱなしだし、PCもつきっぱなし。

電気代は侮れません。

どうせ知恵や知識仕入れるなら、タダの方がいいと尼崎市立図書館に入り浸っているわけで、図書館なんか真面目に通うのは学生時分以来なんですが、知識や知恵を求める今の私にとって、ここは宝の山!\(^o^)/

書店で買うと1500円〜とかする本でもタダで読めるし、空調が効いているので家でいる時の電気代が節約出来るし、これで知恵や知識がどんどん手に入るって美味しすぎ。

インターネットがここまで発達すると本なんて…という人も多いですが。

快適な環境でタダで本を読める、しかも買うわけじゃないから置き場所の侵食にならないというのは非常に大きいです。

どうせ私が読む系の真面目な本は、1度しか読まないようなものだし。

でまぁ、求めている系というのはやはり、「支配階級が隠そうとしている事実に触れている系」ですね。

年金や税金のからくり、労働者からの搾取のからくり、お金の知識、在日特権とかその他いろいろです。

無論、この手の本は書いた人間の陣営に沿ったものになっているのは承知しています。

けど、そこらへんはネットでも同じですよね?

無数にある本棚から、関心のある分野の本を陣営問わず選んでいくというのは、WEB検索とはまた違った観点でのチョイスとなります、いわゆる「星の本棚」状態ですなw

で、最近読んでいると面白くてしょうがないのが、ホリエモン堀江貴文)の著書ですね。

数年前までは彼のことがかなり嫌いだったんですが、日本人の働き方とかに対する意見など、ここ近年は共感しているところも多いです。

たぶん社畜を捨てて急進的な反会社主義者(非社畜)になったあたりからですか、あの変化は私の人生でも世界観が180度ひっくり返るほどの革命でしたから。

(一つ前の会社で執拗で弾圧的なパワハラ喰らい続けて鬱に堕ちたのが劇薬となった。1人の社畜であった私を反対勢力に寝返らせたあの会社は、今だに愚者の集団としか言いようがない)

でまぁ、彼の著書を読んでいると面白いのは、彼と私は同い年なので、出て来る言葉や事件に分かりやすいものが多いというのも大きいと思うんですよね。

当然でしょうね、住む世界は違ったとはいえ同じ時代の日本を生きていたというのは変えようのない事実なわけですし。

あと、こちらがある程度はお金の知識(専門用語含む)を身につけているのも大きいと思います、株も元々やっていますし。

昔、ある知り合いがホリエモンのことを

「東大であいつは苦労していないとか言っているが、あいつは苦労していないふりをするのに、苦労している」

と評していましたが、今日読んできたホリエモンの著書で経緯を読んだ感想としては、コレ半分正解で半分間違い。

「奴は東大に入るのと入って暫くは苦労したが、以降は苦労していない、むしろしようとしなかった」

というのが今時点の私の分析です。

世間に広まっている情報と、彼の言い分両方を捉えて出来たものですし、こっちの方が真実にたぶん近いと私は思っています。

(※ただし、真実自体はホリエモン当人にしか分かりようがないので、これも憶測でしかない)

まぁ、それはさておくとして、奴の著書をとにかく読んでいきたい気持ちが今は強いのだが、端末で検索したところ、尼崎市立図書館には10冊しかねぇ…

もう3冊は読んだぞ…くそ、これでは少なすぎる!(´ε` )

最悪、甲子園の図書館にも触手(食指)を伸ばすか…

あぁ。

無職でそんなのんびりしていていいのか、ですって?

それなりの余裕はもたせています、長期の島流しにブチ切れて辞めた前の糞会社は給料が1ヶ月遅れという派遣会社並みの愚鈍な支払いサイトなので、今回それを逆手にとっています。

7月は丸々有給ですから、8月に最後の給料が1ヶ月分入ってくるんですよね。

まー、8月に仕事を決めていて、かつそこが支払いの早いところだと、2ヶ月分の給料が手に入って以降は相当資金ぶりが楽になるんだけどね(幾度にも及ぶ転職の中、このパターンは1度だけ実現したことがある)

こればかりはな…

知識や知恵を集めているのも、自分が「支配階級(政治屋、経営者)にとって都合の悪い人間」として育ちつつあることを意味しているわけで。

とにかく、4年前まで私は反対側の人間(社畜)だったのだ、陣営を変えてまだ時間経っていないし、こちら側の知識や知恵は今からでもどんどん欲しい。

さっさと雇って私の育成を途切れさせないと、あんたらエライことになるぞ〜?程度に思っています。

たかが1人の力など知れていると言われると、まぁそのとおりですが…自らを納得させる材料としては、これで十分です。

何度か書いている住まい南にある建造中のあそこは未だ求人出てこず。

10月が稼働開始なんだが、出てくる、よね…?

(出てこなかった時の逃げ道も、ある程度は考えていますが)