【日本の国益を考える勉強会(仮)#2-1『稲田朋美潰しの根底にあるもの』】

【日本の国益を考える勉強会(仮)#2-1『稲田朋美潰しの根底にあるもの』】

《志記の会より 転載》

2017/08/11 に公開

諸事情あって動画の名前を「日本の国益を考える勉強会(仮)」として再スタート!堤堯、高山正之馬渕睦夫志方俊之日下公人、塩見和子、福島香織が、その名の通り正真正銘、日本の国益ファーストでお届けいたします。

★360度VR映像版(#2-1)はこちら:https://youtu.be/pj604K6ypzA

この動画は、日本の進む道筋=羅針盤ジャイロスコープ)を示すかのごとく、各々が発信し、意見交換する座談会&勉強会です。

少し前まではわりと豪華なTVスタジオで「やらまいかー真相はこうだ!」をほぼ同じメンバーでお届けしておりましたが、

これからはテレビ番組というスタイルではなく、あくまで話し合いを録画した映像、ということで、お届けできますと幸いです。

(司会進行、打ち合わせ、台本、一切ございません)

見づらいところも多々あるかもしれませんが、内容一番でいけたらと思っています。

皆様もどうぞ、この話し合いに参加するような形で、ご視聴いただけますと幸いです。(360度のVR映像はそんな体験が可能です!)

ご意見、ご感想は、コメントやメールにてお待ちしております。

現在、スポンサーもございませんので色々大変なのですけど、

どうぞ応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

<今回のお話>

中国共産党の北戴河(ほくたいが)会議について。

稲田防衛大臣騒動のメディアが伝えていないこと。

稲田防衛大臣のどこが悪かったか?

防衛大臣を補佐する責任者は誰か?(次官か?統幕長か?)

防衛省の大臣に対する背信行為は無かったか?

日報のあり方について。そもそも公表すべきものではない。

南スーダンPKO問題と稲田問題は全く別物。

稲田潰しの根底にあるもの、それは稲田氏の経歴にヒントがある。

マスコミ、防衛省などが稲田氏を煙たがる理由とは?

その鍵は「東京裁判史観」

稲田朋美著「百人斬り裁判」(文春新書)について。

しかし稲田氏への女性からの鋭い指摘あり!

女性からの支持が無さすぎる?!

稲田氏の防衛大臣はミスキャストだったのか?

フェイクニュースが普通になってしまった朝日新聞は×××した方が良かった…

ほか。

================

「日本の国益を考える勉強会(仮)」第2回 第1部(前半)

時間:45分

収録日:2017年8月4日

出演:

堤堯(元文藝春秋編集長)

?山正之(ジャーナリスト・元産経新聞記者)

馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使・元防衛大学校教授)

志方俊之軍事アナリスト・元自衛官

塩見和子(日本音楽財団理事長)

福島香織(ジャーナリスト・元産経新聞記者)

日下公人(評論家)

<スタッフより>

「日本の国益を考える勉強会(仮)」へのご意見・ご感想、お待ちしております!

メール:yaramaika360@gmail.com

チャンネルのお気に入り登録も、お忘れなく!

YouTube 志記の会:https://www.youtube.com/channel/UCrgp...

<「志記の会」新設>

志を記していきたいという思いから命名しました。

少しづつ色んなことをやっていきたと思っています。

https://www.youtube.com/watch?v=PtPi6-rGsTc